バックスイングの基本

バックスイングとは、テークバックから
クラブをあげていくスイングのことをいいます。

テークバックによって、グリップが右腰の高さで、
シャフトが地面と平行になったところから、
右ひじを曲げ、左肩を水平に回転させながらクラブを上げていきます。

体を回転させようと意識しすぎて、
クラブをインサイドに引きすぎないように注意しましょう。

また、右腰や右ひざが伸びてしまわないようにしましょう。

グリップが右腰の高さにきたところから、腕が水平になるまで、
手首のコックが行われます。

左の手首が甲側や手のひら側に折れないように注意しましょう。

テークバックの基本

アドレスからクラブを引き始める動作のことをテークバックといいます。

クラブヘッドが右足の前にくるまで、体とクラブを一体化し、
飛球線に沿ってまっすぐに引きます。

このときクラブフェースはボールに向けた状態のままです。

両ひじを曲げず、クラブヘッド → 腕 → 肩 → 
腰の順番に連動して動きます。

このときグリップと両肩でできた三角形を崩さないように意識しましょう。

クラブヘッドは、右足の前を通過すると体の回転によって、
若干インサイドに引くようになります。

必要以上に意識してインサイドに引きすぎないように注意しましょう。

腕だけでクラブを持ち上げるとひじが曲がり、
安定したスイングができなくなるので注意しましょう。

グリップが右腰の高さにきたときに、シャフトが地面と平行になり、
さらに飛球線に対しても平行になるようにしましょう。

このとき、クラブフェースは正面かややクローズした状態になります。

体重移動もグリップが右腰の高さにきたときに完了することが大切です。

テークバックは、上体の特に腕や肩の力を抜いて、
リラックスした状態で行いましょう。

アドレスの基本

アドレスとは、ボールの位置に対して構えたスイングの
準備姿勢のことをいいます。

アドレスの基本は、飛球線に対してスクエアに構えます。

このとき、スタンス、ひざ、腰、肩のラインが揃って
スクエアになっているか確認しましょう。

スタンス、ひざ、腰、肩のラインがオープンになっていると、
アウトサイドインの軌道になりやすく、スライスが出やすくなります。

逆に、スタンス、ひざ、腰、肩のラインがクローズになっていると、
インサイドアウトの軌道になりやすく、フックが出やすくなります。

いくら良いスイングをしても、狙った方向に飛ばないと意味がありません。

常に正しく構えられるように練習しましょう。

また、ひざ、腰は地面に対して平行になるようにしましょう。

肩は、グリップが左の手の下に右の手のがくるため、やや右肩が下がります。

背すじはまっすぐにして、股関節から前傾します。

決して背中を丸めてはいけません。

腰を少し落とし、ひざは軽く曲げます。

このとき、ひざが必要以上に力まないことが大切です。

また、つま先やかかとに重心がかかると
バランスの良いスイングができません。

重心を低くしバランスよくアドレスしましょう。

グリップの位置は、左足太ももの内側です。

両腕を自然に下ろしグリップしましょう。

アドレス完成までの手順

アドレスに入る前にボールの後方に立って、ターゲットを決め、
ボールとターゲットを結ぶライン上で、
ボールから1m前後のところにスパットを見つけます。

クラブのフェースをボールとスパットに対して直角に合わせます。

それから左足、右足の順にスタンスをします。

スタンスとボールの位置

スタンスとボールの位置は、使用するクラブによって異なります。

スタンスは、クラブが短くなる程、狭くなります。

ボールの位置は、左足を基準に考えるとクラブが短くなる程、右方向、
かつ体に近づくようになります。

(アプローチショット、バンカーショット、トラブル時のショットなどの
特別なショットではなく、通常のショットを対象に説明しています)

ドライバーの場合

スタンスは、両足の内側が肩幅程度のスタンス幅が理想とされています。

ボールの位置は、左足のかかとの延長線上にセットしましょう。

サンドウェッジの場合

スタンスは、両足の外側が肩幅程度のスタンス幅が理想とされています。

ボールの位置は、スタンスの中央の延長線上にセットしましょう。

ドライバーとサンドウェッジのスタンスとボールの位置を参考に、
その間のクラブごとの、スタンスとボールの位置を決めましょう。

しかし、全てのクラブごとにスタンスとボールの位置を決めるのは、
初心者の方には、なかなか難しいものです。

そこで、①ドライバー、②フェアウェーウッド、③ロングアイアン、
④ミドルアイアン、⑤ショートアイアン、⑥サンドウェッジの
6パターンのスタンスとボールの位置を決めて練習しましょう。

グリップの基本

グリップには、オーバーラッピンググリップ、
インターロッキンググリップ、ベースボールグリップなどがあります。

最も一般的な握り方は、オーバーラッピンググリップです。

オーバーラッピンググリップの握り方について説明します。

左手の小指、薬指、中指の3本の指の付け根でしっかりと握ります。

このときグリップエンドは、2cm程度あまらせて握るようにしましょう。

左手の親指は、シャフトの少し右側に乗せるように握ります。

このとき親指と人差し指の間が開かないように密着させましょう。

親指を長く握ることをロングサムといいます。

短く握ることをショートサムといいます。

ロングサムで握るとアドレスの際にグリップが下がる
ハンドダウンになるので、ショートサムで握りましょう。

右手は、横から添えるようにします。

右手の小指を左手の人差し指に重ねます。
(左手の人差し指と中指の間に重ねてもかまいません)

そして、右手の薬指と中指で握り、
親指と人差し指を間が開かないように密着させます。

アドレスしたときに、左手のナックルが1つか2つ見えるのが基本です。

握る強さは、グリップが緩まない程度に左手は握りましょう。

右手は添えている程度で強く握ってはいけません。

オーバーラッピンググリップでは、違和感があるとか、
両手の一体感に欠けると思われる方は、
インターロッキンググリップを試してみましょう。

握り方で異なる点は、
左手の人差し指に右手の小指を引っ掛けて握るところです。

この握り方は、手の小さな方にもおすすめです。