ゴルフの魅力とは・・・・

タイトル:ゴルフの魅力とは・・・・
発行日:2008.03.06
号数:創刊号

子供のころゴルフというスポーツに皆さんどんなイメージを
持っていたでしょうか?

私は、何かおとなしいスポーツだなあ。動きが激しくないし。

遠くにある穴に入れるだけのスポーツで、
何が面白いのだろうと思っていました。

自分がゴルフを始めるまでは・・・・。

当時バブル時代でゴルフ人口は、増加の一途、
例外なく私も会社の同僚に誘われて皆で始めたのです。

私は、中学、高校と野球部に所属しており、
バッティングでいい当たりをしたときの手に残る感触は
未だに忘れられません。

この感触ってゴルフも似てますよね。

ゴルフの練習場へ行き打つたびにその記憶が蘇っていき、
どんどんゴルフの虜になってしまいました。

また、当時は体力的に自信がありましたので
人より遠くに飛ばすことが出来ました。

そんなこともあり、なにか優越感を感じました。

それ以来、定期的に練習場へ通う日々がスタートしました。

早く上達したいと思いがむしゃらに練習、練習、練習。

自分自身でもこれほど、ハマルスポーツだとは思っていませんでした。

コースも月1,2回は必ず行き、今日こそは100を切るぞと
意気込んでいましたが、毎回こんなはずじゃなかったと
反省するばかりでした。

そして、次回は必ずと・・・また闘争本能に火がついてしまう。

この繰り返しです。

思うように上達しないからこそ人より練習し、上手くなろうと思う。

良いスコアで回るとやはり練習の成果だと思いまた練習する。

そんな繰り返しで、気がつけばゴルフ(練習も含めて)が
ますます好きになっていました。

私が思うゴルフの魅力とは、

■一緒にプレーする仲間と楽しく競い合うことができること。

ファインショットやミスショット全て一緒に楽しんでプレーしています。

プレー以外でも休憩時の会話なども本当に楽しいひとときです。

■とても奥の深いスポーツであること。

飛ばすことができる人、寄せるのが上手い人、
パターが上手い人皆さん特長があります。

どれか一つ良くても好スコアにはつながりません。

ゴルフは総合競技です。

トータルパフォーマンスで競うスポーツです。

そういう意味で面白みがありますね。

■長く続けられるスポーツであること。

年齢、体力、性別などに左右されず誰でも参加できるスポーツであること。

おじいちゃんになっても子供や孫ともプレーできるかもしれません。

■良いショットのときの手に残る感触が忘れられないこと。

これは、ゴルフしている方なら共感していただける方も
いらっしゃると思います。

こういうショットが1ラウンドで
1度や2度あるだけでもハマッテしまいます。

ゴルフの魅力について、皆さんはいかがですか?

他にも色々ありますね。

・大自然の中でプレーできること。

・一生涯できるスポーツであること。

・一人でも練習できること。

・ゴルフを通じて人脈を広げることが出来ること。

・コースや天候、風など、いつも異なる条件でラウンドできること。

・ドライバーで一番遠くに飛ばしたとき。

・アプローチでピンにピタリと寄せたとき。

・絶体絶命のピンチから起死回生のショットを打ったとき。

・長い距離のパターでカップインしたとき。

・バーディをとったとき。

まだまだ他にもいっぱいあるよというゴルフが好きで好きで
しょうがない方の声が聞こえてきそうです。

ゴルフの上達を望むのであれば、何よりもゴルフというスポーツを
好きになり楽しくプレーすることが基本中の基本(大原則)です。

「上手くなりたければ、まずは好きになること」・・これです。

私は、今でもゴルフに夢中です。

この思いは、増大することはあっても薄れることはないでしょう!

皆さん一緒にゴルフをこよなく愛しましょう!

スポンサードリンク