距離感を磨く

タイトル:距離感を磨く
発行日:2008.04.11
号数:6号

グリーンを狙うショットで、ピンまでの距離を正確に打って
ピンにぴったりと寄せたときは、最高の喜びですよね!

その喜びを得るために距離感は欠かせません。

距離感があってくれば、方向さえミスしなければ狙ったところに
打てる確率が格段に上がります。

同じクラブで同じようにスイングしても、
毎回飛距離がバラつき一定しない人は
なかなかこのように寄せることは難しいでしょう。

ナイスショットだったのに、
グリーン手前のバンカーに入ってしまった。

ナイスショットだったのに、
グリーンをオーバーして奥のバンカーに入ってしまった。

よくあるケースですね。

まずは、自分の番手ごとの距離を正確に打てるようになること。

これが、第一です。

ラウンド中は、ライ、傾斜、風などの影響を総合的に判断し、
自分の距離にプラスしたりマイナスしたりして距離を合わせます。

つまり、

自分の番手ごとの距離 + 判断力 = 距離感

くどいですが、まずは練習場で自分の番手ごとの距離を
正確に打つことから練習しましょう。

この基本ができていなければ、いくら判断力に優れていても
結果はついてきません。

ここで、距離感を養うとっておきの練習法をご紹介します。

練習法はこちら → 距離感を養う

この練習で、距離感を養ってスコアアップを目指しましょう!

スポンサードリンク