上体の力を抜く練習法(クラブ2本スイング)

タイトル:上体の力を抜く練習法(クラブ2本スイング)
発行日:2008.06.06
号数:14号

スイング中、いつも手や腕に力が入り過ぎて、
ミスショットをしてしまう。

また、力が入り過ぎて思ったより飛距離が出ないなどの
悩みを抱えている方にピッタリの練習法です。

アイアンの5番と6番を左右の手で1本ずつ持ちます。

2本のクラブが平行になるようにアドレスします。

アドレスしたときの2本のクラブの間隔をキープしたまま
スイングしてみましょう。

スイング中に、クラブが交差したり、
アドレスのクラブの間隔が変わったりするのは、
腕の力が入り過ぎていたり、腕の使い方が間違っている証拠です。

このようになる方は、スイングのどこでそうなるのか?

チェックしながら練習してみてください。

バックスイングで、クラブが交差してしまう方は、
右腕の力だけでクラブを上げようとしていませんか?

この練習のポイントは、手や腕だけでスイングしないこと。

体重移動に伴って、体と腕を同調させ、
上体をリラックスしてスイングすることです。

この練習は、とても高度な練習法です。

2本のクラブの間隔をキープしながら上手くスイングできるようになれば
貴方のスイングもかなり上達しているはずです。

皆さん、是非練習してみてくださいね!

スポンサードリンク