クラブフェースのどこにボールを打った跡がありますか

タイトル:クラブフェースのどこにボールを打った跡がありますか
発行日:2008.08.22
号数:25号

最近のクラブ(特にドライバー)は、フェース面が大きくなり、
スイートスポットも広くなっています。

そのため、フェースのセンターから少々外れてボールをヒットしても
ボールは飛んでいきます。

しかし、フェースのセンターから許容範囲を超えて、
ボールをヒットするとやはり飛距離のロスは免れません。

思ったより飛ばず、大きく曲がるボールが出ると感じている方は、
クラブフェースのどこにボールが当たったのかチェックしてみることを
おすすめします。

ショットの後にクラブフェースを見ると、ボールの跡がついて、
どこに当たったのかわかります。

確実にスイートスポットで打てていますか?

バラツキが少なくきちんとスイートスポットで打てるようになりましょう。

フェースのどこに当たるかによって、
スイングの軌道がどうなっているのかがおよそ診断できます。

クラブフェースのヒール側に当たる場合は、
アウトサイドインのスイング軌道をしていることが多いです。

逆にクラブフェースのトゥ側に当たる場合は、
インサイドアウトのスイング軌道をしていることが多いです。

私がゴルフを始めたとき、必ずヒール側に当たっていました。

勿論、かなりのスライサーでした。

スイング軌道以外に原因がある場合もあります。

アドレスでボールに近すぎるとヒール側に当たりやすい。

アドレスでボールから離れすぎるとトゥ側に当たりやすい。

このようなことが原因ということもありますので、
体とボールの距離を注意してアドレスしましょう。

皆さんも是非診断してみてくださいね!

スポンサードリンク