フェアウェイウッド、ユーティリティクラブのコツ

タイトル:フェアウェイウッド、ユーティリティクラブのコツ
発行日:2008.08.29
号数:26号

フェアウェイウッド、ユーティリティークラブを持つと
飛ばそうと意識しすぎてオーバースイングになったり、
力んだりしがちです。

リラックスしてスイングしましょう。

フェアウェイウッド、ユーティリティークラブは、
ソールが広いという特徴があります。

この特徴を利用したスイングのコツを紹介します。

芝の上にヘッドを滑らせるように低く長くテークバックを行います。

手首を使ってひょいとクラブを持ち上げてはいけません。

手首を使わず低く長くテークバックしましょう。

意識するのはこれだけです。

低く長くテークバックすることによって、自然と左肩が深く入り、
バックスイングの上半身の捻転がクラブヘッドの加速を生みます。

フェアウェイウッド、ユーティリティークラブはどうも苦手という方、
ゴルフバックに入っているけど使ったことがない方、
ゴルフバックにも入っていない方、是非お試しくださいね!

スポンサードリンク