3パットしない秘訣(カップをオーバーさせる)

タイトル:3パットしない秘訣(カップをオーバーさせる)
発行日:2008.09.12
号数:28号

パッティングは、ゴルフのスコアに直結します。

1ラウンド平均3パットの方は、54パット。

1ラウンド平均2パットの方は、36パット。

当然なのですが、改めて数字にすると18もの差が生まれます。

スコアアップを望むなら、まず平均2パットを早く達成することです。

そうすれば、100を切ることは簡単になります。

では、3パットをしない秘訣を一つ紹介します。

3パットをしないためには、2打以内でカップインさせることになります。

2打以内でカップインするためには、
2打目を確実にカップインできるところから打てれば確率は上がります。

2打目を確実にカップインできるところから打つには、
1打目をカップに寄せることが大切です。

それもカップを50センチ程オーバーする強さで
打つことがとても大切なのです。

3パット以上を頻繁にしている方は、カップまでの距離を目標に
パッティングして、少し弱くなるとショートする傾向が強いと思います。

これでは、プレッシャーのかかる場面でパッティングすると
腕が動かなくなりショートする可能性が高くなります。

カップに届かないのであれば、カップインの可能性はゼロです。

また、ショートしたあとの、
2打目のパットが意外と入らないことが多いのです。

オーバーさせたあとの返しのパットは、1打目がカップを通過したあと
どのように曲がるのかをよく観察していれば、
迷うことなく、自信を持って打てます。

勿論、カップインの確率も上がります。

3パットしないためにも、1打目を必ずカップを少しオーバーさせる
意識をしっかりと持ってパッティングをしましょう。

そして、カップを通過したボールが止まるまで、
どのように曲がるのかじっくりと観察しましょう。

最初は、1メートル、2メートルオーバーしてしまうかもしれません。

それでも、カップをオーバーさせる意識を持って望みましょう。

距離がどうであれ、1打目をカップを少しオーバーさせたところに
打てれば、平均2パットは夢ではありません。

平均2パットになれば、ゴルフは変わります。

どのように変わるのか体感したいと思いませんか?

スポンサードリンク