カラーからのパッティング

タイトル:カラーからのパッティング
発行日:2008.09.19
号数:29号

グリーン周りの比較的芝が短い部分のことをカラーと言います。

多くの場合、カラーの芝の長さは、グリーンより若干長い程度です。

このカラーからのパッティングで、予想以上にショートしてしまった。

という経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか?

このカラーからのパッティングで注意しないといけないことは、
カラー部分の芝の抵抗です。

同じ距離をグリーン上で打つのに比べ、確実に芝の抵抗を受けます。

カラーであることを忘れ、グリーン上と同じ感覚でパッティングすると
間違いなくショートしてしまいます。

芝の抵抗を受ける分、強めにパッティングすることを意識しましょう。

そして、その芝の抵抗がどれだけ強いのか?を予測しましょう。

そのためには、カラーの芝の長さや芝目、グリーンまでの距離などを
よく観察しておくことが大切です。

これを適確に予測できれば、ピンに寄せるのは難しくありません。

カラーまで来てからのミスは、非常に勿体ないものです。

悔しい思いをしないように、
「カラーからのパッティングは強めに打つ」ことを覚えておきましょう。

スポンサードリンク