ドライバーのOBを少なくするには

タイトル:ドライバーのOBを少なくするには
発行日:2008.10.03
号数:31号

スコアアップを妨げる代表的なものがOBです。

ラウンド後にスコアカードを見ながら、OBさえなくなれば・・・・
とつぶやいたことがある方も多いと思います。

私もドライバーのOBは、本当によく打ちました。

初心者の頃は、1ラウンド10回ぐらいは平気で打ってました。(笑)

ドライバーのOBが多い方に共通しているのが、
目いっぱい振っていることです。

つまりマン振りのことです。

ティーショットなので、少しでも飛距離を稼ぎたいと思うのは
当然なのですが、マン振りして狙ったところに正確に飛ばせる確立は、
思っている以上に低いはずです。

練習場で打っているときは、
何球も連続して打っていることが多いと思います。

そういう状態なら、マン振りしても正確に飛ぶ確立は上がると思います。

試しに1球だけドライバーをマン振りして打ってみてください。

次は、別のクラブで1球打ちます。

そして、またドライバーという感じで練習します。

ドライバーは連続して打たないようにしましょう。

どうですか?

狙ったところに打てましたか?

意外と難しいと感じませんか?

では、マン振りではなく少し抑えて、同じように練習してみましょう。

マン振りのときと比較して、正確に飛ぶ確立が上がりませんか?

また、曲る球筋の場合、曲る度合いが少なくなりませんか?

マン振りは、大ケガにつながりやすいということを
しっかり覚えておきましょう。

ドライバーを加減して打つなんていやだな~

ドライバーは、やっぱりかっ飛ばさなきゃ~

そう思われる方も多いと思います。

私もそうでした。

でも、今はマン振りは無謀だと思います。

ではここで一つ、心のアドバイスです。

マン振りは、110~120%のスイングだと考えましょう。

貴方は、常に100%のスイングを目指しましょう。

決して、ロスをしている訳ではありません。

次回のラウンドからは、OBを減らして100切り達成しましょう。

スポンサードリンク