振り遅れ矯正(スロースイング練習法)

タイトル:振り遅れ矯正(スロースイング練習法)
発行日:2008.10.17
号数:33号

飛ばそうとする意識が強すぎて、力むと振り遅れになりがちです。

体を速く強く回転させようとして開いてしまったり、
フェースがスクエアに戻りきらずにインパクトを迎えてしまう。

このような原因で振り遅れになります。

では、振り遅れないための練習法です。

使用するクラブは、ドライバーです。

スイングの幅は、フルスイングのときと同じです。

スイングスピードをスローにしてスイングします。

ドライバーで50ヤード飛ばすのを目安として、
まずは素振りをしましょう。

力まずに、ゆっくりとスイングします。

次は、実際にボールを打って見ましょう。

飛距離は50ヤードが目安です。

スイングはゆっくりなのに、
クラブだけ速く振ろうとしてはいけません。

慣れてくれば、飛距離を100、150、200と
伸ばしていきましょう。

絶対に力みは禁物です!

とても有効な練習法です。

是非皆さん試してみてくださいね!

スポンサードリンク