アプローチのクラブは1本限定?それとも複数使用?

タイトル:アプローチのクラブは1本限定?それとも複数使用?
発行日:2008.11.07
号数:36号

アプローチのクラブ選択には、次の2通りが考えられます。

打ち方そのものは変えず、ボールの状況に応じて、
複数のクラブを使用する。 = 複数使用

そしてもう一つは、ボールの状況がどうであれ、
SW(PW、AW等)1本限定で使用する。 = 1本限定

皆さんは、どちらでしょうか?

私は、70ヤード以内なら状況がどうであれSW1本しか使用しません。

それぞれのメリット、デメリットを考えてみましょう。

まずは、複数使用するメリットです。

ランニングアプローチは7番アイアン、ピッチエンドランはPW、
ピッチショットはSWなどのようにクラブを替えることによって、
その状況に応じたアプローチができます。

打ち方そのものを変えなくて良いことが最大のメリットです。

デメリットは、高いボールや落ちてすぐ止まるようなボールが
打てないことです。

次は1本限定のメリットです。

様々なバリエーションのショットが打てる。

常に同じクラブを使用するため、そのクラブの上達がはやい。

デメリットは、状況に応じて打ち方を変えなければならず、
マスターするまで時間がかかる。

複数使用と1本限定には、このような違いがあります。

どちらも一長一短ありますが、私は1本限定をおすすめします。

それも使用するクラブはSWです。

理由は、バリエーションの違いです。

高いボールやスピンのきいたボールは、
クラブではなく打ち方を変えないと打てません。

なので、全ての状況をクラブ選択だけでカバーできないのです。

であれば、全ての状況をカバーできる打ち方を覚えるほうが
得策だと思います。

SWは、一番ロフトの多いクラブで、高いボールを打つには、
最も適したクラブです。

また、ロフトを閉じることによって、
ランニングアプローチにも対応できます。

フェースを開いたり閉じたり、ロフトを開いたり閉じたり、
短く持ったり、ボールの位置を変えたり、スイングを変えたりして
幅広いバリエーションのショットを生み出すことができます。

そして、常にSWを使用することでSWに対する
信頼や自信につながっていくと思います。

SWを持てば、絶対にピンに寄るという得意クラブになれば
スコアアップも間違いありません。

最初は、慣れるまで時間を要するかもしれませんが、
ショットのバリエーションを増やすことは、
他のクラブにも応用できるところが絶対にあります。

これまで、複数使用していた方も是非ご一考ください。

他にもおまけで~す。

SW1本限定だと、SWで届く距離以内になれば、
クラブ選択に迷わなくてよくなります。

例えバンカーに入ろうとも持つクラブはSW1本です。

また、ミスをしたとしてもクラブを替えなくてすみます。

複数使用している方は、ミスしたときのことを考えて、
どうしても常に複数のクラブを持っていくことが多くなるはずです。

これって意外と気分的にも体力的にも楽なんです。(笑)

スポンサードリンク