スイングの軸を安定させる練習法(両足を閉じてスイング)

タイトル:スイングの軸を安定させる練習法(両足を閉じてスイング)
発行日:2008.11.14
号数:37号

スイングの軸が一定せず、前後左右にブレてしまうと
様々なミスにつながります。

そういうクセのある方のスイングを見ていると
あっちに傾きこっちに傾き、忙しいスイングに見えます。(笑)

これでは、とても理想のスイングとは言えません。

スイング軸を安定させる練習法を紹介します。

スイングの軸が一定せず前後左右にブレてしまう傾向がある方に
とても効果的な練習法です。

両足をぴったりと閉じて構えます。

ボールは、両足の中央の延長線に置きます。

このアドレスからボールを打ちます。

どうですか?

バランスを崩さず打ててますか?

やってみると結構フラフラしますよね!

練習のコツは、体の中心にスイング軸を感じながらスイングすることです。

上半身を使い過ぎてしまう方には
上半身の余計な動きが抑えられる効果もあります。

また、この練習は、スイング作りとしても有効です。

自分は、スイング軸は確立できていると思う方も
一度はお試しくださいね!

スポンサードリンク