軟らかいボールはタッチを合わせやすい!

タイトル:軟らかいボールはタッチを合わせやすい!
発行日:2009.01.16
号数:45号

私がゴルフを始めたころは、
ボールは仲間から貰ったものを使用していました。

勿論、メーカーも種類もバラバラです。

最初の頃は、ボールがどうであれ、全く気にならなかったのですが、
ラウンドの回数を重ねていったあるラウンドで、
アイアンのスイートスポットにきちんと当たっているのに
リーディングエッジに当たったような強くて、
後味の悪い感触が残ったことがあります。

また、インパクトの音が、異常に高かったのを覚えています。

そのとき、仲間から教えてもらったのがボールのことでした。

今使っているボールは、よく飛ぶボールなので、
硬くできているということを教えてもらいました。

グリーンでパッティングしても、なにかしっくり来ないというか
フェースとボールが当たった瞬間にはじかれるような感触が残ります。

このラウンド以降、ボールへの関心が深まり、
できるだけ軟らかいボールを使用するようになりました。

軟らかいボールは、ショットでもパッティングでも
フェースとボールが当たっている時間が長くなります。

それは、手に残る感覚で感じられます。

勿論、わずかな一瞬です。

この一瞬で、何かできるわけではありませんが・・・
何かコントロールしているような気もします。

パッティングで、いつも打ちすぎてしまうと悩んでいる方は特に、
軟らかいボールを使用してみてはいかがでしょうか?

パッティングは、微妙なタッチが要求されます。

貴方のフィーリングとボールの相性があえば
微妙なタッチを引き出してくれるでしょう。

一度、お試しください。

ゴルフを始めたころの私のように、ボールの種類がバラバラのまま
ラウンドに望んでいるという方は、

常に同じボールを使用する』 

是非、参考になさってください。

スポンサードリンク