アプローチの前に弾道をしっかりとイメージする

タイトル:アプローチの前に弾道をしっかりとイメージする
発行日:2009.01.30
号数:47号

皆さんは、アプローチの前にこれから打とうとする
アプローチのイメージをしっかりと持てていますか?

ただ何となくピンを見ながら素振りをして、
何となく打っているという方は、
おそらくアプローチは苦手ではないでしょうか?

では早速、具体的なイメージの仕方を紹介します。

様々な状況から、ランニングアプローチで打つのか?

ピッチエンドランで打つのか?ピッチショットで打つのか?を決定します。

ピッチエンドランやピッチショットを選択した場合は、
キャリーさせようとする場所を明確にしましょう。

あの辺りではなく、あの1点のように。

そして、ボールがどのぐらいの高さで、
狙った点にキャリーしてピンに寄っていく、
或いはカップインするような明確なイメージを持ちましょう。

自分の頭の中で、鮮明に映像としてイメージすることが大切です。

そして、素振りをするときもそのイメージに合う素振りを心がけます。

実際にアプローチをして、ボールの弾道やキャリーさせる場所が
自分のイメージと一致していれば好結果につながるでしょう。

イメージと異なる場合は、やはり練習が必要です。

アプローチの前に明確にイメージしたショットと
実際のアプローチの差を少なくしていくことで、
アプローチは、どんどん上手くなっていくはずです。

アプローチの前に弾道をしっかりとイメージすることは、
自分の理想のアプローチだと思います。

そして実際のアプローチは、
理想のアプローチを再現するための試みです。

アプローチの前のイメージがなければ、
どこをどう調整すればいいのか?判断できませんよね。

それ以前に、理想どおりのアプローチができたのか?

できなかったのか?それすら判断できません。

アプローチの前に弾道をしっかりとイメージすることが大切ということを
しっかりと覚えておきましょうね?

イメージを持たず、漠然とアプローチをしているだけの人と比べれば、
アプローチ上達のスピードが全く違ってくることは、
誰が考えても分かりますよね!

スポンサードリンク