アゲインストの風の読み方

タイトル:アゲインストの風の読み方
発行日:2009.02.20
号数:50号

風はその吹いている方向によって、
アゲインスト、フォロー、横風があります。

今回のテーマであるアゲインストの風は、
皆さんご存知の通り飛距離が落ちます。

その飛距離がどのぐらい落ちるのかを予想して
ラウンドすることが必要となります。

それでは、基本からです。

低い弾道よりも、高い弾道のほうが風の影響を受けやすくなります。

また、スピン量が増えると風の影響でボールが吹き上がってしまい
飛距離を落としてしまいます。

ポイントは、貴方の弾道とスピン量です。

これをしっかりと覚えておいてくださいね!

弾道が高く、スピン量が多い方は、風の影響を受けやすくなります。

弾道が低く、スピン量が少ない方に比べ、
アゲインストによるハンディは高くなるでしょう。

しかし、適切な風の読み方ができれば、
そのハンディも埋められると思います。

では、陥りやすいミスについて紹介します。

アゲインストのとき、やってしまいがちなのが、
風に負けないように思い切り振ってしまうことです。

実はこれ、逆効果です。

思い切り振るとスピン量が増し、風の影響を受けやすくなります。

アゲインストのときは、大きめのクラブでゆったりと振りましょう。

もういっちょ!

同じアゲインストの風でも自分の弾道やスピン量によって、
風の影響度は変わってきます。

なので、同伴者のショットを見て、参考にするときに
同伴者と自分の弾道やスピン量を考慮に入れて判断しましょうね。

さらにもういっちょ!

極端な打ち下ろしの距離の短いショートホールなどは、
風の影響をまともに受けやすいので注意しましょう。

距離が短ければ、持つクラブも短くなります。

その結果、弾道は高くなり、スピン量も増します。

おまけに、打ち下ろしなのでボールがキャリーするまでの
時間が長くなります。

グリーン奥に山や林がなく、もろに風が吹いているような状況であれば、
さらに影響を受けやすくなります。

弾道の高さとスピン量が風の影響を受けやすいと書きました。

これは、アゲインストに限ったことではなく、
全ての風に共通して言えることです。

風の方向や強さを読むことも当然大事ですが、
その中に自分の弾道やスピン量を加えて、
最善の判断をしていけば、さらに好結果につながるでしょう。

アゲインストの風を是非攻略してくださいね!

スポンサードリンク