スライス矯正(左足かかとでボールを踏みながらスイング)

タイトル:スライス矯正(左足かかとでボールを踏みながらスイング)
発行日:2009.03.13
号数:53号

初心者のうちは、誰しも悩むスライス。

このスライスがどうしてもなおらないという方も
沢山いらっしゃると思います。

今回は、スライスを矯正する即効性の高い練習法です。

スライスの原因の中でとても多いのが、
ダウンスイングのとき左腰がはやく開いてしまうことです。

左腰がはやく開く → 左足つま先がターゲット方向に向く →
左サイドの壁がキープできなくなる → 力のないスライスになる

このような悪循環を引き起こし、その結果スライスとなります。

この左腰がはやく開いてしまうのを矯正する練習法を紹介します。

左足のかかとの下にボールを置き、
かかとでボールを踏んだままスイングします。

アドレスやスイングは、通常どおりです。

では、実際にボールを打ってみましょう。

アドレスしたときの左足を極力動かさないようにキープして
スイングしましょう。

この練習で、左足のかかと側だけに体重が乗るのを防いでくれ、
左足を踏ん張る感覚がつかめます。

その結果、左腰がはやく開かないように矯正できます。

間違ってもかかと側だけに体重をかけないように!

バランスを崩してコケちゃいます(笑)

左足の踏ん張る感覚がつかめ、左腰がはやく開かないようになれば、
かかとの下のボールを外して、ボールを打ってみましょう。

どうですか?

スライスは矯正されましたでしょうか!

スポンサードリンク