練習場の左端の打席でスライス矯正!

タイトル:練習場の左端の打席でスライス矯正!
発行日:2009.07.17
号数:71号

練習場の打席は、いつもこの辺というのが決まっている方も
多いのではないでしょうか?

ちなみに私は、いつも中央付近がお気に入りです(笑)

打席の位置によって、アウトサイドインの軌道をインサイドアウトに
矯正する練習法をご紹介します。

打席は左端がベストです。

使用中なら左端から2番目の打席で練習しましょう。

左端の打席でアドレスすると背中のすぐ後ろにネットがあり、
本能的に右に振ろうとします。

つまり、インサイドアウトに振りやすいと言えます。

これを、利用して練習します。

ポイントは、インパクト後に
若干クラブを外側に振るイメージを持つことです。

このイメージを持つと、クラブは自然とインサイドから
入ってくるようになります。

そして、インパクト以降アウトサイドへ抜けます。

大きく左に出て右に戻ってくるようなスライスだと、
すぐにネットに当たってしまいます。

インサイドアウトの軌道を意識して、まずは、ネットに当てないこと。

ネットに当たらなくなれば、
できるだけストレートボールに近づけましょう。

いつも中央付近で練習していた方は、すぐ後ろにネットがあるので
慣れるまでは、非常に違和感があります。

しかし、この違和感こそがこの練習の源なのです。

とても、効果的な練習法ですので皆さんお試しくださいね!

スポンサードリンク