休憩時間にオススメの簡単フットケアとは・・・!

タイトル:休憩時間にオススメの簡単フットケアとは・・・!
発行日:2009.07.31
号数:73号

1ラウンド、18ホールの距離は、
6,000ヤードを少し越えるコースが一般的だと思います。

6,000ヤード = 約5.5kmです。

カートを使用せず、全て歩けば結構な距離になります。

さらに、右へ左へミスショットを繰り返すと歩いている余裕はなく、
クラブを数本持って走ってスイング、そしてまた走ってスイング(笑)

初心者の頃は、おそらく皆さんこんな感じです(笑)

上達するにしたがい、カートに乗れるチャンスは増えます。

なので、上達に伴って疲労もある程度は緩和されます。

とは言え、どんなにカートを使用したとしても、
やはり3kmぐらいは歩いていると思います。

また、当然歩くだけではなくゴルフという競技を行っているので、
疲労は思っている以上に溜まってきます。

ゴルフ場の多くは、ハーフ(9ホール)が終了した時点で
休憩時間があります。

その休憩時間に溜まった疲労をいかに回復させ、
リフレッシュできるかによって、
後半のハーフの成績にも多大な影響を与えます。

私も実践しているオススメの簡単フットケアをご紹介します。

前述の通り、ゴルフはよく歩きます。

走る人もいますが(笑)

なので、やはり下半身に疲労が溜まりやすくなります。

休憩時間は、同伴者と一緒に食事というのが一般的ですよね?

そのときに、シューズを脱ぎましょう。

簡単フットケアって、実はこれだけなのです(汗)

私が最初にシューズを脱いだときは、何か他人の目が気になりましたが、
今では全く気になりません。

これも慣れというものなのでしょうか。

特に真夏のラウンドともなれば、シューズの中も高温になっています。

シューズを脱ぐだけなのですが、これで生き返ります。

他にも、シューズを履いていると、どうしても足を締め付けます。

その締め付けからの開放感がまたたまりません!

休憩時間中、シューズを脱ぐだけで、こんなに疲労回復、
リフレッシュの効果があるのかと驚きますよ!

疲労を蓄積したままでは、よい成績につながりません。

休憩時間は、心も体もリフレッシュして、後半に臨みましょう!

シューズを脱ぐだけの絶大な効果を是非体験してみてくださいね?

一度やると絶対に止められなくなります!!注意してください。

スポンサードリンク