自分に合ったスタンス幅とは・・・

タイトル:自分に合ったスタンス幅とは・・・
発行日:2009.08.07
号数:74号

ドライバーで飛距離を出すために理想的なスタンス幅は?

広すぎても狭すぎてもダメなことは分かりますが
万人に共通してこのスタンス幅という基準はありません。

人それぞれに、身長も違えば筋力や体の柔軟性も異なります。

なので、自分に合ったスタンス幅は人それぞれなのです。

まずは、自分に合ったスタンス幅を見つけること。

そして、ドライバーショットのときは、いつもそのスタンス幅を守ること。

これが安定して飛距離を出す秘訣です。

では、自分に合ったスタンス幅を見つける練習法を紹介します。

左右の足を揃えてスタンスします。(左右のシューズが密着する状態)

そのスタンスでボールを打ちます。

次にスタンス幅を5センチ広げます。

そして、ボールを打ちます。

この要領で1球ごとに5センチずつスタンス幅を広げていきます。

バランスよくスイングできて、
飛距離が出るところが自分に合ったスタンス幅です。

但し、バランスよくスイングできても、飛距離が出ない。

あるいは、飛距離は出るがバランスよくスイングできない。

このような両極端な結果では自分に合っているとは言えません。

あくまでも総合評価として考えてください。

そして、自分に合ったスイング幅が見つかったら、
いつもその幅でスタンスできるように練習しましょう。

毎回、スタンス幅が違っていては、
安定した弾道や飛距離を求めるほうが難しいですからね!

今まであまりスタンス幅のことを意識していなかった方も
是非、取り組んでみてくださいね!

スポンサードリンク