バンカー越えのアプローチ!いつも決まって痛恨のショート!

タイトル:バンカー越えのアプローチ!いつも決まって痛恨のショート!
発行日:2009.11.27
号数:90号

グリーン手前にはとても深いバンカーがあり、
一度入れてしまうと一発で脱出するのはとても難しいそうです。

ピンの位置は、グリーン手前です。

この場面で、絶対避けたいミスは・・・

そうです!バンカーに入れることです。

なので、少しぐらいピンをオーバーすることを覚悟の上、
強めにきっちりアプローチするのが得策です。

しかし、こういう場面で必ずバンカーに入ってしまうという方も
いらっしゃるのではないでしょうか?

ピンにぴたりと寄せようという意識が高すぎると、
落としどころをグリーンの手間にしなければいけないこともあります。

これでは、少しのミスでもバンカーに入るリスクがとても高くなります。

こういうリスクの高いショットをギャンブルしていては、
まとまるスコアもまとまりません。

ここは、オーバー目でもグリーンオンすることを最優先に考えましょう。

グリーンに乗せていれば、2打でカップインの確立はかなり高くなります。

とにかく、グリーンオンすること!これがポイントです。

他にバンカーに入ってしまうミスとして多いのが、
インパクトの瞬間、グリップを緩めてしまうミスです。

結果として、ダフってバンカーに入ってしまうことがよくあります。

インパクトの瞬間、グリーンオーバーの脅威を感じて、
無意識のうちにそうなってしまうという方も多いのかもしれません。

これもよくあるミスで、まずはその恐怖心を取り除くことが必要です。

練習場でアプローチの練習を重ね、
技術が向上すれば不安も少なくなると思います。

話を元に戻して、大叩きにつながりそうな難易度の高いバンカーは避け、
まずは、グリーンに確実にオンすることを最優先しましょう。

いつもミラクルアプローチを狙ってチャレンジしていた方、
もっと安全確実なマネジメントを心がけましょう。

そうすれば、スコアアップは簡単です!

スポンサードリンク