キャディさんパッティングライン教えて???

タイトル:キャディさんパッティングライン教えて???
発行日:2010.01.15
号数:96号

ラウンド中、プレーヤーの様々なお世話をしてくれるキャディさん。

カートの運転、クラブの準備、ピンを抜いてくれたり、
風の状態・残りの距離を教えてくれたり、
キャディさんのおかげでスムーズに集中してゴルフができます。

ラウンドするときは、キャディさんに感謝しましょうね!

突然ですが、皆さんはキャディさんにパッティングラインを聞いて
教えてもらっていますか?

私は、絶対に聞きません。

ラインを読むのもゴルフの重要な要素なので、
自分の力で読みたいからです。

キャディさんは、そのゴルフ場のグリーンにはとても詳しいでしょう。

ここからなら、ボール何個分左に切れるとかほぼ正確に把握しています。

聞けば教えてくれるでしょうが、私はそれをしたくないのです。

この気持ち分かってくれる人も多いと思います。

いつもパッティングラインをキャディさんに聞いて
教えてもらっていたという方、
自分でラインを読む技術が上達しない危険性もあるので、
できれば自分の力でラインを読むことをおすすめします。

キャディさんの中には、
聞いていないのにラインを教えてくれる方もいらっしゃいます。

そんなときは、参考程度に聞きましょう。

ほとんどの場合、正解なのですが・・・

キャディさんと私の読みが異なる場合、
私はそれでも自分が読んだラインで打ちます。

キャディさんの読みと自分の読みが異なっていると、
殆どカップインしません(笑)

じゃあ何故、そこまでするのか?

それは、自分で決断したいからです。

もう少し、分かりやすく言うと、後悔したくないからです。

ますます、分かりにくくなったかも・・・

キャディさんの言うとおりに打ったにもかかわらず、
カップインできなかったときに後悔したくないのです。

例えそれが、18ホールのうち1ホールだとしてもです。

キャディさんだって間違えることもあります。

それも、自分の読んだラインがピッタリだったとしたら、
絶対に後悔してしまうでしょう。

なので私は、いつも自分で決断します。

この意識があれば、カップインできなかったといって、
キャディさんに八つ当たりするようなことはありません(笑)

いつもラインを教えてもらいながら、
カップインできないのはキャディさんの読み間違いだ!と
怒ってしまうようなゴルファーには絶対になってはいけません。

それなら聞くな!

おそらくキャディさんもこんな気持ちではないでしょうか?

キャディさんには何も聞いてはいけないと言っているのではありません。

途中から先が見えないようなホールで、その先はどうなっているか?

ピンまでの残りの距離や、バンカーや池までの距離などを聞くのは
良い事だと思いますし、是非そうするべきだと思います。

しかし、パッティングラインを聞くのはできれば止めましょう。

自分の読んだラインに打ってカップインできなかったことで、
自分の読みが間違っていることを強く確信できます。

つまり身をもって判断できます。

これ以上有効な勉強法はありません。

スポンサードリンク