パッティングの前には必ずボールをピックアップする!

タイトル:パッティングの前には必ずボールをピックアップする!
発行日:2010.03.26
号数:106号

ラウンド中、グリーンオンするまでは、
ボールをピックアップすることはできません。

ピックアップできるのは、唯一グリーン上だけですね。

ではここで皆さんに質問です。

グリーンオンしたボールは、必ずピックアップしていますか?

他のプレーヤーの邪魔にならない限りしない・・・とか、
ボールがぬれていないときはしない・・・という方は要注意ですよ~。

ティーショットからグリーンオンに至るまで、ボールは空中を飛んだり、
芝の上を転がったり、バンカーに入ったり、木にあたったり、
様々なものに接触しています。

そのためグリーンオンしたボールは、土や砂がついていたり、
水滴がついていたり、芝がついていたり、
細かな砂利がついていたりします。

ボールをマークしピックアップしてよく見てみましょう。

そうすれば、よく分かります。

ピックアップしたボールに付着している異物は
綺麗に拭き取っておきましょう。

大抵の場合、キャディーさんが綺麗に拭いてくれますよね。

でも、自分でピックアップしないと
キャディーさんもどうしようもありません。

えー、やや話がずれましたので元に戻しますね。

何故、ピックアップしてボールを綺麗にする必要があるか?

それは、様々な異物が付着しているままでパッティングをすると、
ミスしやすくなるからです。

付着している異物によって、方向がずれたり、
距離感が合わなかったりというミスがおきやすくなります。

本当にそんなに影響あるの~?と疑問を持つかもしれませんが、
想像以上に本当に大きな影響を受けます。

ボールをピックアップして、ボールを綺麗に拭くだけでおさえられるミス。

面倒に思わず毎回ピックアップするクセをつけましょう。

クセになると全く面倒にもなりませんよ。

あっ、忘れるところでした(汗)

グリーンオンしたときだけでなく、
1パットごとにピックアップすることが大切です。

1パット目が外れたとしたら、そこでボールをピックアップして、
同様にボールを綺麗にしましょう。

パッティングによって、
転がっている途中にも異物が付着することもありますからね。

パッティングしてボールが転がるときに、
ボールと接触する芝や芝の上にある砂利などによって、
ボールは予期せぬ軌道を描くことがあります。

でも、これは仕方ありませんよね。

パッティングする前にボールに付着している異物によって、
同様のことがおきることがあります。

これは、自分次第で未然に防ぐことができます。

皆さんも是非実行しましょうね!

スポンサードリンク