やめようスロープレー!少し早いかな?ぐらいが丁度いい!

タイトル:やめようスロープレー!少し早いかな?ぐらいが丁度いい!
発行日:2010.06.25
号数:119号

ゴルフは、3人あるいは4人でラウンドすることが殆どだと思います。

一緒にラウンドするメンバーが、
自分に与える影響って予想以上に大きいと私は思います。

今回はその中でも、プレーの早さ(リズム)についてのお話です。

プレーの早さには、打つ前のルーティン、歩くスピード、
準備のスピードなどが関わってきます。

もちろん人それぞれにプレーの早さは異なります。

皆さんは、一緒にラウンドするプレーヤーは、
どれぐらいのプレーの早さがいいと思いますか?

私は、少し早いかな?と思う程度が、丁度いいと思います。

良いスコアがでるのも、大抵が少し早めのプレーのときです。

一方、これはやめて欲しいと思うのは、スロープレーです。

これは多くの方に賛同いただけると思います。

では、私が一緒にラウンドしていて、
やめて欲しいと思う例を挙げてみます。

・自分の順番が来ても未だボールの位置に行っていない。

・打った後、次のショット地点まで、ゆっくりと歩く。

・打つ前の素振りを3回以上する。

・アドレスと思ったら、もう一度素振りをする(笑)

・アドレスで静止時間が長い(笑)

・必要以上に時間をかけてグリーンを読む。

このような点は、全てスロープレーにつながっていきます。

スロープレーは、一緒にラウンドするメンバーのリズムを崩したり、
後続の組以降のプレーにも影響を与えるので、注意しましょうね。

あそうでした!

キャディーさんにもすごく迷惑をかけてしまいます。

ルーティンもせず、順番が来たらすぐにショットしろと
言っているのではありません。

必要な時間はかけていいのです。

ただ、必要以上の時間をかけてはいけないということです。

例えば・・・

素振りを2回した後、ボールの後方に立ってスパットを見つけて、
一通りのルーティン。

また素振りを2回して、アドレス・・・

んん、ずっと静止している??

やっとスイングと思ったら

そこから1,2回素振り・・・

今度こそアドレス、また静止・・・

表現が悪くて恐縮なのですが、見ているとリズムが狂ってしまいそうです。

これだけ時間をかけるとねえ・・・

私のメンタル面の弱さなのでしょうか。

ラウンド修了後に他のメンバーにこっそり聞いても、
「調子狂っちゃうよ」「遅いよ~」など、
私とほぼ同じ意見のことが多いです。

当然ですがこれが、その人のルーティンなら、
全ショット同じ時間を要します。

最初のうちはまだ我慢できますが、
毎回そのルーティンを見ているとどうしてもイライラしてきます。

やがてそのイライラが自分のプレーにも影響して、
集中力が途切れミスショットを連発・・・

こんな流れになりがちです。

こうなるとゴルフも楽しめませんよね。

スロープレーの批判ばかりしましたが、
スロープレーにはいい事はありません。

もし、貴方本人がスロープレーだと感じたら、是非改善しましょう。

ルーティンに時間がかかっていると思うなら、素振りの回数を減らしたり、
手順を見直すなどしてみましょう。

ボールの地点に行くのが遅いと思うのなら、
ショットをしたら常に次のショットへの意識を高め
迅速に行動するようにしましょう。

リズムよく、軽快にプレーすること!

これを軽視してはいけません。

スロープレーには感じられないリズム感が得られ、
スコアアップに貢献しますよ。

スポンサードリンク