アゲインストの風のときは、力任せにスイングしない!

タイトル:アゲインストの風のときは、力任せにスイングしない!
発行日:2010.11.12
号数:139号

アゲインストの風が吹いているときは、
風で飛ばない分、力任せに思いきりスイングして飛距離を稼ぐ!

初心者の頃は、そう考えがちですよね?

しかし、これはやってはいけない典型のようなものです。

アゲインストの風のときに、やってはいけないことは、
風の影響を受けやすい球筋にならないことです。

風の影響を受けやすいと、
アゲインストの風なら飛距離を大幅にロスしてしまいます。

その分、クラブを上げて距離を調節するのですが、
2番手上げるよりも1番手上げる方が難易度も低いです。

なので、できるだけ風の影響を最小限に抑えるような
スイングを心がけましょう。

先程、やってはいけない典型だと紹介した、
アゲインストの風が吹いているときは、
風で飛ばない分、力任せに思いきりスイングして飛距離を稼ぐ!

このように思い切りスイングすると、ボールのスピン量が増し、
風の影響を受けやすい球筋になってしまいます。

アゲインストの風のときは、
スピンを抑えるためにコンパクトなスイングをしましょう。

アドレスでは、若干スタンスを狭めます。

こうすることで、オーバースイングは抑えられ、
コンパクトなスイングがしやすくなります。

アゲインストの風とコンパクトなスイングによる飛距離不足は
クラブの番手を上げて調節します。

思いっきり振れば振るほどスピンが増して
飛距離が落ちることしっかり覚えておきましょうね。

スポンサードリンク