風が強い日の練習法!

タイトル:風が強い日の練習法!
発行日:2011.03.25
号数:157号

風はゴルフにとって、とても影響を及ぼす要因の一つです。

それも強い風となれば、さらに影響は大きくなります。

それでも、風を意図的に止められるはずもなく、
如何に上手く風を攻略できるかが勝負の分かれ道となります。

「風が強い日は苦手」、「風さえなければ・・・」
こんなふうに消極的にならず、積極的に攻略していきましょう。

風の強い日の練習にとっておきの方法があります。

それは、風の強い日に練習場に行くことです(笑)

残念ながら、風は一定の方向から吹いていることが多く、
また、練習場の打ち出す方向は、全ての打席がほぼ同じなので、
その日の練習は同じ方向からの風を攻略する練習となります。

風には方向によって、フォローの風、アゲインストの風、左からの風、
右からの風などがあります。

風がどの方向から吹いているのか?

そして、どのぐらい強いのか?

いつもの自分の弾道や飛距離と比べ、どの程度影響するのか?

総合的に判断し、狙いどころを明確にしましょう。

ボールをキャリーさせたい一点を決めて、
そこに落とすには、どの方向にターゲットを
設定すればいいのかを考えます。

左から右の風なら、ターゲットは当然ながらキャリーさせたい一点よりも
左方向に設定することとなります。

練習を続けていくうちに、次第に精度も上がってくるはずです。

それと同時に風を読む力も養えます。

スライスが持ち球という方に特に体感してほしいのが、
左から右への強い風です。

ぐんぐんと右に切れていき失速していくボールを見ると
悲しくなってしまうかもしれません(泣)

そのぐらい、風の影響を受けやすいです。

これを体感しているとラウンド時に慌てなくてすみますよ。

実際の風を体感できる練習法、是非皆さんお試しくださいね!

スポンサードリンク