スライス矯正!フィニッシュでクラブを立てる!

タイトル:スライス矯正!フィニッシュでクラブを立てる!
発行日:2011.04.15
号数:160号

スライスでお悩みの方は、スイングの終着点であるフィニッシュのときに、
クラブをできるだけ立てるように意識しましょう。

そうすれば、スライスを矯正することにつながったり、
スライスの度合いを抑えることにつながります。

何でインパクト以降のフィニッシュの形によって、
球筋が変わるの?

と思われる方も多いと思います。

実は、フィニッシュの形を意識することで、
インパクトはもちろんのこと、スイング全体を変えるのです。

アウトサイドインのスイング軌道で、
フィニッシュを迎えるとクラブが水平に近い形になります。

インサイドアウトのスイング軌道で、
フィニッシュを迎えるとクラブが垂直に近い形になります。

皆さんのフィニッシュは、クラブはどういう状態になっていますか?

スライサーの多くは、おそらく水平に近い形ではないでしょうか?

なので、フィニッシュでクラブを垂直に近い形になるように
意識してみましょう。

垂直といっても、グリップの下にヘッドがくるような
完全な垂直にする必要はありません。

水平よりは垂直に近い形、
もしくはもう少し垂直という程度でオッケーです。

インサイドアウトのスイングを意識して、
フォロースルーでクラブを左に巻き込むようにせず、
目標方向に放り出すようにイメージしましょう。

これで、球筋が変わってきますよ!

練習の際は、ショットのたびに、
フィニッシュのクラブの状態を確認してくださいね。

皆さん次回の練習でお試しくださいね!

スポンサードリンク