ボールの位置に原因が?

タイトル:ボールの位置に原因が?
発行日:2011.05.27
号数:166号

ボールの位置は、使用するクラブによって異なります。

ボールの位置は、左足を基準に考えるとクラブが短くなる程、
右方向、かつ体に近づくようになります。

ドライバーの場合は、左足のかかとの延長線上にセットします。

サンドウェッジの場合は、スタンスの中央の延長線上にセットします。

つまり、ボールの位置は、左足のかかとの延長線上から、
スタンスの中央の延長線上までの間でクラブの番手によって、
適切な位置にセットすることになります。

皆さんは、適切にセットできていますか?

中には、どのクラブでもボールの位置は同じという方も
いらっしゃるのではないでしょうか?

そこまで極端でなくても、ウッド、ロングアイアン、
ミドルアイアン、ショートアイアンの4種類しか
ボールの位置を分けていないということもあるかもしれません。

やはり、クラブ毎にボールの位置を変えることが理想です。

そうすることで、クラブの本来の性能が活かされ、
適切な弾道、適切な飛距離、正確性を実現しやすいように
設計されています。

例えば、ボールの位置が同じで、
5番アイアンと9番アイアンでショットすると、
5番アイアンは、適切な弾道、適切な飛距離なのに、
9番アイアンは、弾道が高すぎて、
飛距離もあまり出ないという結果になりがちです。

これはクラブ毎の適切なボールの位置を守ってさえいれば、
防げるミスです。

ロングアイアンはいいのに、ミドルアイアンが駄目、
ミドルアイアンはいいのに、ショートアイアンが駄目、
7番アイアン・8番アイアンの飛距離が同じなど、
もしかすると原因はボールの位置にあるのかもしれません。

同じクラブでも、その都度ボールの位置がばらばらというのは論外ですよ。

番手ごとにボールの位置も一定の割合で変えることが大切で、
ある番手とある番手の間だけが、
突出してボールの位置が大きく変わるということは避けてください。

クラブ毎のボールの位置、皆さん是非ご確認くださいね!

スポンサードリンク