二段グリーン!奥からのアプローチを攻略するには?

タイトル:二段グリーン!奥からのアプローチを攻略するには?
発行日:2011.09.30
号数:184号

二段グリーンは、前後・左右に大きな高低差のあるグリーンのことですね。

よくあるパターンは、前後の二段グリーンで、
手前が低く、奥が高いグリーンだと思います。

だって、手前が高く、奥が低いグリーンは難易度が非常に高く、
一般ゴルファーには難しすぎるので、
こういう二段グリーンは殆どないと思います。

そこで、手前が低く、奥が高い二段グリーンという設定で
お話を進めますね。

ピンはグリーン手前にあり、
ミドルホールのセカンドショットをグリーン奥に外してしまったとします。

状況としては、一番打ってはいけないところに
打ってしまったというケースです。

ここで考えられる戦略は、高い面に落としてピンに寄せる、
あるいは、低い面に落としてピンに寄せる。

この2つですね。

しかし多くの場合、低い面に直接落としても下りの傾斜なので、
余程、スピンを効かさないとグリーンをオーバーしてしまいます。

まずは、グリーンの高い面に落として寄せる方から
戦略を練ってみましょう。

この状況からのアプローチは、グリーンの高い面で止まってしまう、
あるいは、グリーンの低い面も超えて、グリーンをオーバーしてしまう。

この2つのミスを注意しなければいけません。

そのためには、アプローチの落としどころとボールのスピード、
これをきっちりと読まなければいけません。

グリーンの高い面に落として、という感覚ではなく、
ココに落とすという目標を点で設定しましょう。

そして、弾道やボールのスピードをイメージしましょう。

二段グリーンの奥からのアプローチは、
スイングの技術というよりも、どれだけ読むことができるのか?

こちらのほうの比重が高いように思います。

セカンドショットを奥に外すことで、
既に大きなミスを犯してしまっています。

ここで、さらにミスをして大叩きにつながるか?

それとも、無難にまとめて切り抜けるか?

大きな分かれ道です。

皆さん二段グリーンを是非攻略してくださいね。

スポンサードリンク