打って走って、打って打って走って?

タイトル:打って走って、打って打って走って?
発行日:2011.10.07
号数:185号

初心者の頃は誰しも経験する大叩き。

中でもよくあるのが自分の番が来て、打ったボールがあまり飛ばず、
次も自分が打つことに・・・

慌ててボールの場所に走って行き打つ、
ハアハア、ゼーゼーいいながらナイスショットなんか打てません(笑)

打ったボールは、OB!

そして、打ち直し。

またもや少ししか飛ばず、次も自分の番。

また、ボールのところまで走って行き打つ。

皆さんも経験ありますよね?

初心者の頃は誰しも通る道ですよね。

この経験を経て、上達していくんですよね。

私もよくやりました。

友人からは、「同じ料金を払っていっぱい打ててうらやましい」と
からかわれながら・・・

次第に集中力も途切れOB連発、
ボールがなくなり、補給のためカートに走る(笑)

なんとか前に進むことができたと思ったら、
次に打つクラブを取りにカートへ走る(笑)

このような状況に陥る時って、
不思議とカート道から離れたサイドのことが多いんですよね。

なので、もう行ったり来たり結構走っています。

こんな悪循環に嵌ってしまうとどうしても大叩きをしてしまいます。

だって、ハアハア、ゼーゼーいいながら、まともに打てないですよね。

走ってすぐ打たなければいけない状況は非常にまずいです。

なので、最低でも他のプレーヤー(一人でも)よりも
飛ばすことが大切です。

そうすれば、続けて打つことは回避できます。

ボールは多めにポケットに入れておきましょう。

クラブは、最低3本は持っておきましょう。

そして、重要なことはショットを安定させることです。

当たり前なのですが・・・

こんな経験をすることが、
上達へのエネルギーになっているのかもしれませんね。

あのう~決して、
走ってから打つ練習をする方向に考えないで下さいね(プッ)

既に上達しているプレーヤーがその光景を見ると、
「早くしろよ」とか言いたくなりますが、誰しも経験してきたことです。

温かく見守ってあげましょうね。

皆さん、打って走って、打って打って走ってのスパイラルに
嵌らないように気をつけましょうね!

スポンサードリンク