オンとオフの切り替えで集中力をキープ!

タイトル:オンとオフの切り替えで集中力をキープ!
発行日:2011.11.04
号数:189号

ハーフの休憩時間を除いても、
1ラウンドするには4時間はかかりますよね。

その間、ず~と集中し続けることは誰もできません。

なので、オンとオフを上手に切り替えるように心がけましょう。

そうすることで、疲労軽減、必要な時に集中力UPが期待できます。

集中しなければならない時は、勿論ショットを打つ時ですね。

そして、その前に行われる様々な判断、素振りなどの準備動作があります。

この間は、一気に集中力を高めることが好結果につながります。

この高まった集中力のままで、1ラウンド通してがんばろうとする方も
いらっしゃるのではないでしょうか?

最初にも書きましたが4時間はかかるのです。

4時間も集中した状態をキープできません。

無理に集中状態を続けようとしても、
時間の経過とともに集中力は低下していくでしょう。

そうなると、全体的に質の低いラウンドとなりがちです。

ショットの後は、次のショットの準備に入るまでリラックスしましょう。

私は仲間とラウンドする時は、ショットの後は、よく話をしています。

誰かがミスをすると、大笑いしたり・・・
ナイスショットと声をかけたり(笑)

勿論、後続の方やキャディさんに迷惑をかけてはいけませんよ。

迷惑にならない程度に抑えてくださいね。

オンの状態から自分でコントロールして、早めにオフに切り替えましょう。

上手にオンとオフの切り替えをして、
疲労軽減、必要な時に集中力UPしましょうね。

そうすれば、必ずスコアアップにつながりますよ!

スポンサードリンク