スパットを狙ってパッティング!カップの位置は気にしない!

タイトル:スパットを狙ってパッティング!カップの位置は気にしない!
発行日:2012.02.17
号数:203号

パッティングの前は、必ずグリーンを読み、スパットを設定しますよね。

このスパットを設定する時点で狙うべき方向は確定しているのです。

ですが、アドレスをしてスパットを見てカップを見てを繰り返す。

そのうちスパットよりもカップの方が気になりだして、
アドレスでカップにスクエアに構えてしまう。

あるいは、カップの方向に打ち出してしまう。

こんなこともよくありますよね。

こういう状態だと思ったとおりの距離感を出すことも
意識から飛んでいるかも知れませんね。

グリーンを読んで、スパットを設定する時点で方向は決めているんです。

なので、アドレスしたらスパットの方向に
距離感を上手く出せるように集中しましょう。

グリーンの読みが間違っていなければ、
スパットの方向にいい距離感で打てればカップインか、
カップに近づくはずです。

アドレスしたら、カップのことは気にしない方がよいです。

カップは、スパットを見つけるためのものであって、
スパットが見つかればカップの役目は終わりと思いましょう。

アドレスしたら、スパットを狙って、
イメージどおりの距離感を出すだけです!

こう考えるとシンプルでしょ!

スコアに直結するパッティング、
上達してスコアアップを目指しましょうね!

スポンサードリンク