バンカー内にスタンスできないバンカーショット!

タイトル:バンカー内にスタンスできないバンカーショット!
発行日:2012.04.13
号数:211号

バンカーの端にボールがあり、
バンカー内にスタンスできるスペースがとれないことがあります。

スタンスする高さとボールの高さがあまりにも離れているなら、
狙う方向を変え、スタンスする場所を変えて
脱出するということも必要です。

しかし、通常より膝を曲げればクラブがボールまで届く範囲なら
グリーン方向を狙っていきたいですよね。

難しいショットのように感じますが、
通常のバンカーショットとそれほど違いはありません。

通常のバンカーショットと異なる点は、スタンスとボールの高さです。

ここを、クリアできれば難しくありません。

アドレスで、スタンスをやや広めにし、
クラブヘッドがボールの下を通過できるように、
腰を落として膝を曲げます。

バランスがとりづらくなりますので、フルスイングは止めておきましょう。

コンパクトなスイングを心がけてショットしましょう。

このケースでよくありがちなミスは、
インパクトで膝が伸びてトップすることです。

なので、スイング中は、膝の角度をキープすることがとても重要です。

次回のラウンドからは、バンカーの端にボールがあっても、
安心してグリーンを狙っていきましょうね!

スポンサードリンク