カップの後方からボールを見てラインを読む!

タイトル:カップの後方からボールを見てラインを読む!
発行日:2012.04.27
号数:213号

ボールの後方からカップを見て、グリーンを読みますよね。

これは皆さん実践されていると思います。

ですが、これだけでは正確にグリーンを読めていないことがあります。

グリーンを一方向から見た情報だけでは、
読み間違えることがとても多いんです。

なので、是非オススメしたいのが、
反対側であるカップの後方からボールを見てラインを読むことです。

ラインを両側から読むことによって、ラインを読む精度も向上します。

両側から見て、それぞれのラインがピッタリと合致していれば
自信を持ってパッティングできます。

これなら、迷いなしに狙ったラインに打つことだけに集中でき、
精神的にもいいですよね。

両側から見たラインが異なることもよくあります。

その場合、どちらのラインを選択するのか?
ラインとラインの中間を選択するのか?

こういう判断が必要となります。

両側から読むことによって、余計混乱が起きてしまうかもしれませんが、
私は両側から是非読んでいただきたいと思います。

そして、自分の信じるラインを勇気をもって決定し、
狙った通りにパッティングすることに集中しましょう。

狙い通りにパッティングできれば、
結果という形で自分が読んだラインがどうだったのかが分かります。

これの繰り返しがパッティングの精度を上げる秘訣だと思います。

グリーンを読むときの情報は、多いほうが絶対に有利です。

皆さんも是非、両側から読んでくださいね。

スポンサードリンク