同伴者には絶対に負けない意識を持とう!

タイトル:同伴者には絶対に負けない意識を持とう!
発行日:2012.05.11
号数:215号

皆さんは、ラウンドする際、同伴者はいつも同じメンバーでしょうか?

それとも、いつも違うメンバーでしょうか?

ラウンドする場合、3人~4人でラウンドしますよね。

多くの場合4人ですね。

実力の差が歴然としてあり、同伴者の方が自分より上手な場合は別として、
多少の実力の差があっても、同じ組の中でいつも優勝できるように
意識することがとても大切だと思います。

勝ちグセをつけるという面でも効果的です。

ラウンド中は、同伴者のスコアなんか
全く眼中にないという方もいらっしゃると思います。

正直、私はその典型でした(笑)

上達するにしたがって、同伴者との勝負も気になりはじめ、
ラウンド中も自分とのスコアの差を確認するようになりました。

自分のスコアを1打でもよくすることが大前提の目標なのですが、
同じ組の中で優勝することも目標としていました。

特に、同伴者の実力が拮抗している場合は、面白さが倍増します(笑)

競り合ってくると、1ホールごとに差が変化したり、順位が変わったり。

こうなると、集中力はとても高まります。

終わってみると、相乗効果で自分のみならず同伴者も揃って、
良いスコアが出たりということも多くあります。

同伴者のスコアばかりが気になって、
マイナスの効果があるようではいけませんが、
ほどほどに意識して互いにプラス効果を出せるようにラウンドしましょう。

そして、いつも優勝を目指してください。

いつも優勝できるようになってくれば、自信がものすごくつきます。

前半で多少離されていたとしても、
後半追いつけると思えるようになります。

そして、自信を持って自分の力を発揮できるようになります。

同伴者には絶対に負けない意識を持って、ラウンドしましょうね。

スポンサードリンク