スイングで力む悪いクセ!練習場でチェック!

タイトル:スイングで力む悪いクセ!練習場でチェック!
発行日:2012.06.22
号数:221号

スイングで必ず力んでしまう悪いクセをお持ちの方も
多くいらっしゃると思います。

必ずではないけれど、時々力んでしまうというのは、
おそらくほとんどの方がそうだと思います。

ここ一番、飛ばしてやろう!
ここは、絶対に失敗してはいけない!
絶好のチャンス!ベタピンにつけるぞ!

こういう状況になると、ついつい力んでしまうことが多くなりますよね。

他人から見るとガチガチに力んでいるのに、
本人は、そのことに気がついていないこともあります。

是非みなさん、練習場でチェックしてみてください。

練習場で、普段通りにボールを打ちます。

そして、何球かに1度トップスイングのところでスイングを止めます。

そのとき、手や腕に必要以上に力が入り過ぎていないか?
チェックしてみましょう。

スイング前からトップで止めることを想定したスイングではなくて、
実際に打つつもりでスイングを行いながら、
トップで止めることがとても重要です。

どうですか?

思ったより力んでませんか?

力んでいると思ったら、理想の素振りを繰り返してみましょう。

そして、また最初から。

何球かに1度トップスイングのところでスイングを止めてみましょう。

力まず打てるようになってきたら、トップスイングの少し後、
つまりダウンスイングに入った瞬間に止めてみましょう。

トップスイングで力むよりも、
もっと多くの方がダウンスイングでは力んでいるはずです。

力んでいることに気づけば、理想の素振りを繰り返しましょう。

この練習を繰り返すことによって、力んでいることを自覚し、
力み防止にお役立てくださいね。

力まないことによって、飛距離も伸びることもよくあります。

皆さん是非お試しくださいね!

スポンサードリンク