何故か調子が狂ってしまう?同伴者との相性?

タイトル:何故か調子が狂ってしまう?同伴者との相性?
発行日:2012.08.03
号数:227号

ゴルフを継続してやっていると、
初めて一緒にラウンドする同伴者も必ず出てきますよね。

大人数でコンペなどを定期的に行っていれば、その確率は高いですよね。

同伴者が自分に与える影響って大きいんですよね。

逆も言えますが・・・

ラウンドしているとこの人とはラウンドしやすいなあ~
この人とはリズムが合うなあ~
そんな人も必ずいますよね?

そんなときのスコアは、良いことが多いです。

逆にこの人とは合わない、イライラしてしまう(泣)

そう感じる人も必ずいますよね?

誰しも、どうしても出てくるんですよね。

何が影響しているんでしょうか?

プレーが遅い、うるさい、すぐ投げやりになるなど・・・

こういうプレーヤーは、どうしても嫌われます。

同伴者に対して悪い影響を与えますからね。

自分がそう感じるなら、自分は同じことをやっていないか?
よく考えてみましょうね。

そして、誰からもあなたと一緒にラウンドしたいと思わせる
ゴルファーになりましょう。

実は他の理由でこの同伴者とは合わないという場合があります。

私のことなのですが、レフティーが駄目だったんです。

え~なんで?
そう思われるかもしれませんが・・・

ラウンドしていると同伴者のショットは基本的に見ていますよね。

レフティーの方のショットを見ると何故か調子が狂ってしまって(汗)

当然、身体の向く方向が反対になるのですが・・・
それ以上の理由が自分でも説明できません。

特に、レフティーの方が打った後に自分が打つ時は、ミスショット!

こんなケースが多かったように思います。

レフティーの方のプレースタイルや性格などの問題ではなく、
ただ単にレフティーということがその当時は駄目だったんです。

それから、定期的にラウンドするメンバーに
そのレフティーの方が入り、一緒にラウンドしているうちに、
変な苦手意識のようなものが知らないうちに消えていました。

今思うと、何でそんなことで調子が狂っていたのか?
笑っちゃいます。

こういうのって、多分意識すればするほど
気になって余計意識してしまうんですよね。

皆さんは、私のようなことがなければよいのですが。

何か今回は失敗談みたいになってしまいましたね。

まあ、これを見て笑ってくれれば幸いです!

スポンサードリンク