ラウンドの悔しさをバネに!ラウンド後の練習をしよう!

タイトル:ラウンドの悔しさをバネに!ラウンド後の練習をしよう!
発行日:2012.11.30
号数:244号

自分の思いどおりのショットが打て、ミスもなく、スコアもベスト更新!

こんなラウンドなら言うことありませんよね?

しかし、そういうラウンドは極めて少ないのが現実ですよね。

多くの場合、ミスを犯し、思うようなラウンドが出来なかったと、
ラウンド後に悔しさを噛みしめながら反省(笑)

バンカーショット全般でミスが多かった・・・
ドライバーのOBが多かった・・・
アプローチが全く寄らなかった・・・
パットの距離感が全く合っていなかった・・・

悔しさを噛みしめながら反省をして、それで終わり。

ゴルフ場でお風呂に入って帰宅、殆どの方がこのパターンだと思います。

その日のラウンドでミスの多かったショット、
そのショットの改善を次回までにきちんとできていますか?

例えば、ラウンドでドライバーのOB連発。

次回のラウンドまで練習場にもいかず、
次のラウンドも全く同じドライバーのOB連発!

これでは、進歩がないですよね。

ラウンドでの課題を次回のラウンドまでの間に
克服できるように練習することがとても大切です。

ミスが多かったショットを徹底的に練習をする。

練習場でミスが少なくなれば、次回のラウンドでも不安がなくなり
好結果につながりやすくなりますよね。

ここで、ご提案があります。

ラウンドでミスの多かったショットを練習するのを、
ラウンド当日、つまりラウンド後に行ってください!

ラウンドの疲れもあり、
なかなか行こうという気にならないかもしれませんが効果は絶大です!

何故、ラウンド後でなくてはいけないのか?

どうしてもその日の調子というのがあり、
日によって変動するため、同じショットでも日によってミスが多かったり、
少なかったりします。

なので、ミスが多かった当日に練習場で練習をすれば、
同じミスが出やすい調子の中で練習できます。

これを翌日~数日後に練習をすると、
全く何も変えていないのに今日はミスショットがゼロ。

何が原因なのかも分からず・・・

そして、次回のラウンドで同じミスショット連発。

前回のラウンドを無駄にしたような結末ですよね。

ラウンド後に練習をすすめる理由としてもう一つ大切なことがあります。

どういう状況でどういうミスショットが出たのかを
鮮明に覚えているからです。

数日後に思い出しながら練習をすると、
どうしても詳細があいまいになりがちです。

そうなると、克服するための練習も適当になる傾向があります。

どうして、あそこであのミスショットが出たのか?

練習しながら頭の中に残っている鮮明な記憶を頼りに分析をしましょう。

そして、どうすれば克服できるのか考え練習に取り組みましょう。

是非皆さん次回のラウンド後にお試しくださいね。

当日でないと得られないものがきっと見つかりますよ!

スポンサードリンク