フェアウェイバンカー!アゴまでの距離とアゴの高さに注意!

タイトル:フェアウェイバンカー!アゴまでの距離とアゴの高さに注意!
発行日:2013.02.01
号数:252号

フェアウェイバンカーに入れてしまい、急いで見に行くと、
ボールは砂に埋まっておらず、ライは問題なし。

ピンまで130ヤード!

これなら、狙える!

8番アイアンでショット!

ボコッ!
バンカーのアゴに当たって、勢いが弱まり数メートル先に落下。

皆さんにも経験があるのではないでしょうか?

フェアウェイバンカーは、アゴがあまり高くない場合が多いと思います。

あまり高くないので、気づきにくい(笑)

そのため、アゴに当たることを注意していない方が多くいらっしゃいます。

脱出優先でサンドウェッジで打つなら、まず当たらないと思います。

ピンまでの距離やボールのライなどの条件がよければ、
グリーンを狙うこともありますよね。

サンドウェッジの弾道では当たらなくても、
アイアンの番手が上がれば上がるほどアゴ直撃の可能性は高まります。

なので、ボールのライがよくグリーンを狙う場合は、
アゴまでの距離とアゴの高さに注意しましょう。

そして、選択した番手の弾道をイメージして、
アゴに当たらないか判断しましょう。

当たる可能性が高いと判断した場合、
安全に2打でグリーンオンできるマネジメントをしましょう。

バンカーを脱出するショットをどこに運べば、
次のショットでグリーンオンしやすいかを考えてくださいね。

フェアウェイバンカーに入ったら、
アゴまでの距離とアゴの高さをよく確認し、
アゴに当たる可能性が高ければ、グリーンを無理やり狙ってはいけません。

皆さん、賢いマネジメントをしましょうね!

スポンサードリンク