ショートコースに出かけよう!

タイトル:ショートコースに出かけよう!
発行日:2013.02.15
号数:254号

スコアメイクの鍵を握るのは、パッティングとアプローチです。

このことについては、これまでにも多くのメルマガで書いています。

特に100ヤード以内のショートゲームが上達すれば、
大叩きは激減し、スコアアップも間違いないでしょう。

そのことは、皆さん頭では分かっていると思います。

それなのに、練習場ではドライバーで思いっきり
打つ練習ばかりしていたり、
ロングアイアンでいかに飛ばすか挑戦していたり。

そういう方も多いのではないでしょうか?

そこで、オススメしたいのがショートコースに出かけること!

パー3のホールばかりのゴルフ場ですね。

殆どのホールがショートアイアンで届く距離で、
距離の長いホールでもミドルアイアンで届く距離です。

ショートコースのラウンドは、
ドライバーショットでかっ飛ばしたような爽快さは味わえません。

そのため、何か満足できない、
不完全燃焼のような感覚が残るかもしれません。

ですが、得る物は非常に多いです。

気が乗らない、面白くない、遊びみたいと思うかもしれませんが、
一度ショートコースをラウンドしてみましょう。

ショートコースに行けば、
当然ショートゲームオンリーのラウンドとなります。

ゴルフの中のショートゲームに特化した戦いになるわけですね。

そのため、ショートゲームの実力がスコアにもろに反映されます。

通常のコースでは、
ショートゲームのみのスコアはクローズアップされません。

なので、実際に他の方と比べて、
自分はショートゲームが上手なのか?下手なのか?

分からない、あるいは分かっていても
なんとなく分かっている程度ではないでしょうか?

ショートコースをラウンドすると、
そのスコアで実力が如実にあらわとなります。

通常のコースでは、同じぐらいのスコアの方に、
ショートコースでは大きく負けた。

このようなこともよくあることです。

それが分かれば、ショートゲームに対する取り組み方も違ってきますよね?

そして、ショートゲームを練習すれば通常のコースでは、
大きく勝ち越せることになります。

まずは、ショートコースに出かけること。

そして、自分のショートゲームの実力を知ること。

その結果、ショートゲームが自分のウィークポイントになっていれば、
練習場でショートゲームの練習を重点的に取り組むこと。

ショートコースをバカにしてはいけませんよ。

本当に得る物は非常に多いですからね。

さあ、ショートコースに出かけよう!

スポンサードリンク