OBを減らすことが100切りへの近道!

タイトル:OBを減らすことが100切りへの近道!
発行日:2013.05.03
号数:265号

OBはスコアメイクの観点から考えても最悪のプレーです。

当然ですよね。

ティーショットをOBすると、
ほとんどのコースがプレイング4になりますよね。

プレイング4の場所は、ティーショットをミスなく打てば
届く距離であったり、届かない場合でもそれほど距離が遠くないと
いう位置にあるのが普通です。

そう考えると、ティーショットをOBすると+3に近い
ダメージを受けることとなります。

分かりやすくするために、+2.8と考えてみましょう。

ティーショットを1回OBすると+2.8スコアが悪くなります。

10回OBすると+28。

理想はOBゼロですがプロでもOBは出します。

90ぐらいのスコアの方でも、1,2回はOBを出していると思います。

100切りを目指しているゴルファーとなれば、
多くの方がOBの数に悩まされていると思います。

1ラウンドで10回OBなんてこともよくあるのではないでしょうか?

そうであれば、スコア127の方がOBさえなくなれば、
理論的には100切りできることとなります。

こう考えると、ドライバーを持って練習場に行きたくなりませんか(笑)

OBをなくすことはスコアに直結します。

スコアアップを目指すならOBをなくすことが急務です。

ドライバー(ティーショットで使用するウッド)を持って、
まずは100ヤードの飛距離を目安に方向性重視で打ちます。

100ヤードですが、体全体を使ってスイングしてください。

決して手だけで打ってはいけません。

狙った方向に飛ぶようであれば、徐々に距離を長くしてください。

方向にブレが出てくるようであれば、距離を短くしてください。

このようにして、徐々に距離を伸ばし、
MAXの距離の80%ぐらいまで狙った方向に打てるようになればOK!

90~100%の力で振り回してはいけません。

80%ここまで来たらそれ以上はしてはいけません。

勿論ですが、ラウンドでも同じ80%ですよ。

最初は、右に左に方向性が安定しないかもしれませんが、
根気よく続けて下さいね。

身体全体を使って、手打ちにならないように注意してくださいね。

OBがなくなれば、スコアは飛躍的によくなります。

考えてみれば当然のことですよね。

それを貴方が実証してみましょう!

スポンサードリンク