トップの上体の捻りは右足つま先の開き具合で調整!

タイトル:トップの上体の捻りは右足つま先の開き具合で調整!
発行日:2013.06.28
号数:273号

アドレスで両足のつま先を若干開いてスタンスしますよね。

その開く角度は人それぞれで、
左右で開く角度も異なるという方もいらっしゃると思います。

今回は、右足だけに絞ってつま先の開き具合で、
スイングが変わることを紹介したいと思います。

右足のつま先を通常より、開いたり閉じたりすることによって、
身体の回転に大きな影響を及ぼします。

右足のつま先を通常より開くと、
身体の回転は右に捻りやすくなります。

逆に右足のつま先を通常より閉じると、
身体の回転は右に捻りにくくなります。

つま先を閉じると、右ひざがすぐについていけなくなり、
それにつられて上半身の捻りも浅くなります。

右ひざが回転の抵抗となっている状態です。

皆さんも一度、つま先を閉じてスイングしてみてください。

トップの上体の捻りの深さが全く変わってきます。

これを利用して、普段のスイングで、
トップの上体の捻りが浅いと感じる方は、
右足つま先を通常より開いて調整してみてください。

普段より、トップの上体の捻りが深くなりましたか?

普段のスイングで、トップの上体の捻りが深すぎると感じる方は、
右足つま先を通常より閉じて調整してみてください。

普段より、トップの上体の捻りが浅くなりましたか?

このようにして、自分の理想とするトップに近づけてください。

では、練習場にGO!

つま先の開き具合を変えるだけで、
スイングや球筋、飛距離などに変化があらわれます。

実際にボールを打って、どう変わったか確認しておきましょう。

これをしておかないと、ラウンドで制御できなくなりますからね(笑)

次回のラウンドが楽しみですね!

スポンサードリンク