1打ごとにクラブを変える実践練習法!

タイトル:1打ごとにクラブを変える実践練習法!
発行日:2013.07.05
号数:274号

練習場での練習方法は十人十色だと思います。

スイングを作り上げるために、1本のクラブでひたすら打ち続けたり、
コースをイメージして実践的な練習をしたり様々です。

メルマガでもいくつかの練習法をご紹介しましたよね。

今回紹介するのは、1打ごとにクラブを変えて打つ練習法です。

スイングを作るのではなく、より実践的な意味が強いです。

さて、質問です。

ラウンド中、同じクラブを続けて使うことってよくありますか?
(パターは除外です)

ほとんどないという方が多いと思います。

なので、練習場でもそうしましょうと・・・

練習場で同じクラブで、打ち続けていると弾道は安定してきます。

これは当然ですよね。

でも、同じクラブで10打目に打つような正確なボールを
1打目に打てないとラウンドでは意味がないのです。

練習方法は、1打ごとにクラブを変えるそれだけです。

打つ前には、必ず素振りをして臨みましょう。

その1打で正確なショットが打てるかどうか?
よく観察してくださいね。

最初は、ドライバーからその他のウッド、
ロングアイン~ミドルアイアン~ショートアイアンのような順番で
1番手ずつ下げたり、上げたりして練習してください。

1打目のショットが納得できるものであれば、
今度は、ドライバー、ショートアイアン、ロングアイアンなどのように
順番はバラバラで練習してください。

おそらく、同じクラブの10打目と比べると、
ショットの精度は下がり、ミスショットも多いと思います。

残念ですが、この1打目が自分の今の実力なのです。

かといって、同じクラブで打つ練習を
決して否定しているのではありません。

スイングを作り上げる練習は当然必要です。

その上で、そのスイングを1打目に再現できる技術が必要なのです。

自分の技量を確認するためにも、是非この練習を取り入れてみて下さいね。

スポンサードリンク