アイアン3本で素振り!手先だけのスイング矯正!

タイトル:アイアン3本で素振り!手先だけのスイング矯正!
発行日:2013.07.19
号数:276号

手だけの力でクラブをひょいと上げるクセのある方には、
とても効果的な練習法を紹介します。

では、練習法です。

アイアンを3本用意します。

何番でもいいのですが、連続した番手の方がやりやすいと思います。

3本のグリップを密着させて、しっかりと握ります。

クラブのグリップを密着していないと、
素振りをするときにすっぽ抜けて飛んでいく恐れがありますので
注意してください。

しっかりとグリップできたら素振りをします。

速いスイングをする必要はありません。

重要なのは始動、つまりテークバックです。

手だけでひょいと上げるのではなく、ひじを曲げずに、
腕、肩、上半身、全身という感じで連動して動くように意識してください。

小さな筋肉で上げるのではなく、大きな筋肉を使って上げるイメージです。

アイアン3本持っているので、
手先だけで上げようとしてもなかなか上がらないので
結果的に矯正できます。

アイアン1本でスイングするときも、
この練習のテークバックの動きを忘れずに行ってください。

これで、手先だけでひょいと上げるクセは矯正できます。

この練習法は、それ以外にも筋力アップの効果があります。

野球の選手がウェーティングサークルで、
マスコットバット(重いバット)で素振りしている光景をよく見ますよね。

あれと同じです。

アイアン3本で素振りすると、
特に切り返しの負荷はかなりの重さを感じます。

速く素振りする必要はありません。

ゆったりと重さを感じながら素振りしてください。

小さな筋肉でなく、大きな筋肉を使ってスイングするのを
実感できると思います。

この練習の後、アイアン1本で普段通り打ってみましょう。

いつもより、クラブが軽く感じると思います。

そして、飛距離も伸びていませんか?

スポンサードリンク