ティーショットのフェアウェイキープのアドバンテージ!

タイトル:ティーショットのフェアウェイキープのアドバンテージ!
発行日:2013.08.30
号数:282号

ティーショットがフェアウェイをキープする確率って、
意外に低いと思います。

そして、フェアウェイをキープできず、
ラフや林まで打ち込んでしまうとトラブルの魔の手が・・・

大叩きにつながったり、出すだけのショットになったりと、
スコアにも直接影響を及ぼします。

なので、1ホールでも多くフェアウェイをキープしましょう。

ティーショットでフェアウェイをキープすることって、
とても重要なんです。

先程のような、トラブルにつながるリスクが減るのは当然ですし、
良い条件からセカンドショットが打てるので絶好のチャンスでもあります。

パー、上手くいけばバーディだって狙えるチャンス!

これがフェアウェイをキープしたメリットですよね。

普段、練習をしているショットというのは、
基本的にティーアップをして打つティーショットと
フラットな地面で、フェアウェイの上にあるボールを打つショット。

この2つを重点的に練習していますよね。

練習の大部分をラフを想定して練習している方はいませんよね。

セカンドショットという観点から考えれば、
フラットな地面で、かつフェアウェイ。

これが、普段の練習と似た状況で打てる条件です。

この条件で打てることがポイントです。

ラフであれば、普段の練習のショットに、色々と条件が加わってきます。

ラフで長い芝にボールが沈んでいれば、
芝の抵抗を加味しなければいけなくなります。

そうしたことを考える必要がなく、
普段のスイングでグリーンを狙っていける。

これこそがメリット。

これこそがフェアウェイキープのアドバンテージです!

だから、良い結果もでやすくなります。

連続してティーショットがフェアウェイキープできれば、
どんどん良い流れに乗っていけるようになります。

ティーショットが安定してくれば、ゴルフはかなり易しくなります。

そして、100切りなんてすぐできますよ!

スポンサードリンク