ラウンド中でもスイングのことばかり気になる?

タイトル:ラウンド中でもスイングのことばかり気になる?
発行日:2013.09.13
号数:284号

練習中は、スイングのことを気にしながらボールを打っていると思います。

皆さんもそうですよね?

ミスショットが出れば、スイングがおかしかったのかなって、
原因を探りながら改善していきますよね。

この行為自体はスイングを作り上げる上で、とても大切なことであり、
こうして試行錯誤しながらスイングはできていくものだと思います。

しかし、ラウンド中でも同じようにスイングのことが気になってしまう
という方って結構いらっしゃいます。

私も典型的なこのタイプでした。

初心者の頃は、ミスショットが出ると、
スイングのどこに原因があったのだろう?

初心者である私がすぐに分かるはずありませんよね。

なのに、スイングのことをあれこれ考えながら次のショットに。

結果は良いわけありません。

スイングのことをあれこれ考え集中できません。

ミスをして、スイングのことを考え集中できずさらにミスをする。

また考える。

また集中できずミスをする。

こんなスパイラルに陥ります。

こんなラウンド楽しいわけがありませんよね。

私もいつの日かスイングにばかり気を取られていることに気づき、
ラウンド中はスイングではなく、
結果のほうにこだわろうと思うようになりました。

スイングのことは気にせず、目の前のボールに集中して、
打つことを意識しました。

すると、不思議なぐらい効果がありました。

打つことそのものへのこだわりが強く、
全てのスイングでナイスショットを追い求めていたような気がします。

今思えば、ゴルフはナイスショットの数を競うゲーム、そんな感じです。

スイングのことを気にしなくなってからは、
ゴルフ本来である、打数を競うゲーム。

こんなにも意識が変わるのかと自分でも不思議でした。

かといって、スイングなんてどうでもいいとは思っていません。

練習場では、スイングのことを常にチェックしながら
練習することをお勧めします。

ラウンドでは、必要以上にスイングのことは考えず、
目の前のボールを狙ったところに打つことに集中してください。

私のようにラウンド中でもスイングのことばかり気になっていた方は、
是非参考にしてください。

次回のラウンドから、これまでとは違う
ゴルフのゲーム性の魅力が見えてくると思いますよ。

ラウンド中にスイングのことばかり気になるようでは、
ゴルフ競技の本来の戦いに参加していない状態です。

皆さんには是非戦ってほしいです!

スポンサードリンク