10ヤード刻みのアプローチ!

タイトル:10ヤード刻みのアプローチ!
発行日:2014.01.31
号数:303号

グリーンを狙うショットは、中途半端な距離は寄せにくいので、
フルショットの距離のところに刻んで、次のショットにかける。

こういうマネジメントも勿論ありです。

しかし、実はその機会は意外と少ないと私は思います。

それよりは、グリーンを狙ったショットが
グリーンをとらえることができずに中途半端な距離が残ってしまった。

こちらのほうがはるかに多いでしょう。

180ヤード以内で、障害物などがないのであれば、
グリーンを直接狙いたいですよね?

それを、中途半端な距離が残るのが嫌なので刻むという選択は・・・

できませんよね。

なので、中途半端な距離を普段から練習しておきましょう。

できれば10ヤード刻みで距離感を出せるようにしたいですね。

アプローチにはSWを使用。

SWのフルショットが70ヤード。

という方の場合は、60、50、40、30、20、10ヤードの
距離感を出せるように練習します。

距離の調節は、スイング幅で調節するか、
クラブを短く持って調節するかで行います。

決して、インパクトの強さで調節してはいけません。

60ヤード~10ヤードまで、狙う距離をランダムにして、
狙ってみてください。

最初は距離がなかなか合わないかもしれませんが、
慣れてくると結構合ってくると思います。

地味な練習ですがスコアアップにはとっても効果的ですよ。

10ヤード刻みのアプローチの距離感が出せれば、
敢えて刻んでフルショットの距離を残す必要もありませんよ。

スポンサードリンク