雨の日のグリーンを狙うショット!

タイトル:雨の日のグリーンを狙うショット!
発行日:2014.07.04
号数:325号

雨の日のラウンドは、できることなら避けたいですよね。

しかし、予約する時点で当日の天気までは分からないことが多いですよね。

なので、結果的に雨の中でのラウンドになってしまうこともよくあります。

大雨はつらいですが、
小雨程度であれば夏は涼しいので案外いいかもしれません。

雨の日のグリーンを狙うショットは、
晴れの日とは違って気をつけなければいけない点があります。

では説明しますね。

ボールが濡れていることによって、通常より飛距離が落ちます。

さらに、グリップが濡れていると滑ってしまいます。

滑りそうという意識が働くと、必要以上に強くグリップしてしまい、
飛距離が落ちます。

レインウェアを着用すると、身体のスムーズな動きが阻害され、
飛距離が落ちます。

以上全てが飛距離が落ちる原因となるものです。

雨の日のグリーンを狙うショットは、
その分大き目に打つことを覚えておいてください。

そして、もう一つ大切なことがあります。

それは、グリーンオンをした際のランです。

雨の日は、芝が濡れて、地面も柔らかくなります。

そのため、グリーンに落ちたボールはランが少なくなります。

これは、雨が降れば降るほど顕著にあらわれます。

自分や同伴者のグリーンを狙ったショットのランが
どれぐらい出るのか毎ホール、よ~く観察しておきましょう。

そうすることで、グリーンの柔らかさを常に把握できるようにしましょう。

ランがあまり出ないのであれば、ピンをダイレクトに狙っていきましょう!

雨の日のグリーンを狙うショットでライバルに差をつけましょうね!

スポンサードリンク