やっちゃダメ!息を思いっきり吸い込んで息を止めてスイング?

タイトル:やっちゃダメ!息を思いっきり吸い込んで息を止めてスイング?
発行日:2014.07.18
号数:327号

スイングの際の呼吸法には、様々な方法があります。

息を吐いて、息を止めてスイングするとか。

テークバックで息を吸いながら、ダウンスイングで息を吐くとか。

その中で、ご自身に合った呼吸法を見つけていけばいいと思います。

但し、これだけはやっちゃダメというのがあります。

それは、息を思いっきり吸い込んで息を止めてスイングすることです。

息を思いっきり吸い込むことと
息を止めることは両方とも力みに直結します。

言い換えれば、これ以上ない力みの原因です。

初心者の頃、ティーショットをドライバーで打つ時に
120%の力でスイングしていたのを思い出します。

飛ばしてやろうという気持ちが強すぎて、
息を思いっきり吸い込んで息を止めてスイングしてました。

腕や肩などカチカチに力んでスムーズなスイングができず、
右や左に大きく曲げOB連発!

こればっかりやってました(泣)

今思えば、あれだけ力んでナイスショットが打てるはずないと
思っちゃいます。

いつの日か?力む原因が呼吸法なのでは?

息を思いっきり吸い込んで息を止めてスイングすることがいけないのでは?

そう気づいて、思いっきり吸い込むことは止めました。

それ以来、力むことが殆どなくなりました。

効果絶大です!

スイング中、息を止めているかどうか?

正直、分かりません。

私が意識しているのは、思いっきり吸い込まないことです。

これだけで、ショットのミスもかなり減りました。

呼吸法は、意識していないとなかなか気づかないものです。

練習場でまずは今どうなっているのか?

ご確認ください。

息を思いっきり吸い込んで息を止めてスイングしているのであれば、
是非改善してくださいね。

これだけで、力まずにリラックスしてスイングできますよ!

スポンサードリンク