グリーン上ではパター以外のクラブ選択はない!

タイトル:グリーン上ではパター以外のクラブ選択はない!
発行日:2014.08.15
号数:331号

グリーン周りやカラーなら、状況を判断して、
ベストなクラブ選択を行います。

しかしグリーンオンした後は、パター以外のクラブで
パッティングをすることって実際にはありませんよね。

一方ショットは?

残りの距離や状況などから判断して、様々なクラブ選択が可能です。

中でも、一番多いクラブ選択は飛距離に応じたクラブ選択ですよね。

飛ばしたい距離から考えてクラブを選択します。

でも、グリーン上では距離に関係なく1本のパターしか使用しない。

こう考えると違いがあって面白いですよね。

ショット = クラブ選択で距離を出す。

パット  = パッティング技術で距離を出す。

見方を変えると

ショット = クラブごとに長さや重さが異なる。

パット  = 常に1本のパターを使用する。

という面もあります。

考えれば分かることですが、こうやって書くと違いが明確。

パターには、距離を調節する機能はありません。

その機能は、ストローク技術が担うのです。

そのことをよ~く認識して、パッティング技術向上に取り組みましょうね!

スポンサードリンク