グリーン奥の急斜面!極端な左足下がりからのアプローチ!

タイトル:グリーン奥の急斜面!極端な左足下がりからのアプローチ!
発行日:2014.09.26
号数:337号

グリーンを狙ったショットが、グリーンを大きくオーバー、
奥にそびえたつ山の斜面に!

ゲー!最悪!やっちゃったよ~(泣)

皆さんもこのような経験を一度はされたことがあると思います。

ゴルフ場のほとんどのグリーンは、
手前から奥に向かって上りになっています。

なので、奥からのアプローチは下りになることがほとんどです。

さらに、ピンが奥で、奥のグリーンエッジからすぐのところに
ピンがあるような場合だと寄せることすら難しくなります。

このような絶体絶命のピンチで、どう対処すれば良いか紹介します。

このアプローチは、グリーンが下りで、
グリーンエッジからすぐのところにピンがあります。

なので、できるだけボールを上げて止めたいのですが、
極端な左足下がりで、ボールを上げることはとても難しい状況です。

かといって、低いボールでグリーンに直接落とせば、
下りのグリーンなのでどんどん転がってしまいます。

ここは、できるだけボールを上げ、
グリーンの手前でワンクッションさせてピンに寄せることを考えましょう。

まず、ボールのライを確認します。

そして、どれぐらいの高さで打てるのか弾道をイメージします。

そして、とても重要なボールの落としどころを決めます。

あの辺りではなく、あの一点と明確に決めます。

ワンクッションするとき芝の影響で勢いが弱まったり、
傾斜の影響で横に弾んだりするので、
落としどころの状況もよく観察しましょう。

ではアドレスです。

スタンス幅を大きくし、オープンスタンスに構えます。

ボールの位置は、通常よりかなり左です。

重心が低くなるように構えましょう。

クラブフェースもオープンにセットします。

このアドレスから地面の傾斜にそってスイングします。

誰もが寄らないと思う場面です。

ここで、貴方の実力を発揮しましょう!

絶体絶命のピンチは、起死回生のミラクルショットで脱出しましょうね!

スポンサードリンク